図書室あと地

褪せた灰桃色のカーペット。

カラフルな(に見える)生活のこと、なりたい自分、ときめきの話。

 

2人、ということのパワーはすごいんだなと思った。

趣味や嗜好の幅が広がる。共通なら深まる。掛かってる音楽とか、ラグとか壁掛けのデザイン、ゲームとか、置いてる調味料の種類とか。

とってもカラフルに見える。見えない見せない部分はあれど、2人で力を合わせて作っているんだなとわかる暮らしは、もし私が家庭を持てるならこんな風でありたいと思うものだった。

 

理想の2人、なんて言ったら失礼なんだろうな。カラフルな時間があればモノトーンな暮らしもあり、泥臭い寒々しい場面だって抱えている。と思うから。

その上に立っているきれいなところだけ見て、羨ましいなんて言うのは傲慢なのかもだ。

 

今ある生活を楽しんで、幸せに生きていくことを選んでいるひとは何だか眩しい。

私は今の環境に危機を感じて、今の自分が好きではなくて、このまま枯れてたまるかと、何とかかんとかもがいてしまう。

今に満足しながら、少しの「足りない」をだんだんと揃えながら生きていくのもありなはずで、そうやって生きている人もいる中で、なぜ私は。

破壊と創造みたいな、0か100かみたいな生きかたを選んでいるんでしょうか。

 

服の嗜好も音楽の趣味も、お気に入りの過ごしかたも、何に時間を使うか、どんな自分になるのか、あらゆることについて、

私はこうしたい、が結局見つかっていないこと。

人間性を育てるはずの思春期に、人間をサボってしまったツケ。

そういうものが廻ってきているんだろうね。

 

今は砂漠の真ん中にいて、立ち尽くせば間違いなく枯れる、だから進むものの、前がどっちか本当はわかっちゃいない。先がまともに見通せない中、歩くのも苦しい。

『砂漠の果てに咲く花』

なんて、植田真梨恵はよく言ってくれた。

 

https://g.co/kgs/KWZ2Px

 

 

さて、なりたい自分をかなえる手段としてのときめき、なんて邪なことを考えた。

周りの爛れたような話だったり、甘酸っぱ!な話を聞くにつけ、

私が今なにを思っても何の意味もないけれど、「恋をすると可愛くなる」部分だけ、しれっといただいてしまおうか、なんて。

恋を莫迦にすると痛い目を見るかね。

そんなことをしてでも、私は進んで行きたいのです。

ここじゃないどこかへ。

この願いにいつまで呪われつづけるんでしょう。